様々な方法があるマンション売却|賢く利用しましょう

つみきの家

スムーズに解決できます

間取り図

ローン返済が難しくなった場合はマイホームの処分も検討する必要があります。不動産処分は競売や任意売却で進められることになりますが、どちらを選ぶかによって売却価格に大きな差が生じるので注意が必要です。まず競売とは債権者が裁判所を通じて強制的に資産処分を進める方法です。この競売は公示期間中に裁判所が買い手を募る方式ですすめられます。そのため市場価格が反映されにくく低価格で落札される可能性もあります。一方の任意売却は不動産会社に不動産の処分を委任する方法です。この任意売却では不動産会社が債権者と債務者の仲介を行い、双方にとって最もメリットがある方法での資産処分を提案します。競売では強制的に退去時期などが決められてしまいますが、任意売却なら不動産会社が仲介を行ってくれるので条件面での要望も聞き入れてもらいやすくなります。不意なリストラなどによって住宅ローンの支払いが困難となった方は、大阪の不動産会社に相談して任意売却を検討しましょう。任意売却ではプライバシーの問題がついて回りますが、大阪の不動産会社なら電話やメールでの匿名相談から始められるので気軽に利用できます。また任意売却の相談はすべて専属の住宅コンサルタントが行います。任意売却ではいかにして債権者に説得力のある提案を行うかが重要なポイントとなりますが、大阪の不動産会社では物件の下見から返済計画に至るまでのすべてを専門知識を持つスタッフが担当するので高い交渉成約率を誇っています。ローンの返済などが難しくなった方は、大阪の不動産会社で任意売却も視野に入れた相談を行ってみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加